舞台

更新日:2019.02.16

【大阪舞台】 『演』~en~ vol,17 「半神」


【大阪舞台】 『演』~en~ vol,17 「半神」

概要

演技上達のためには
『良い台本にふれること』
演~en~vol.17では
原作者・萩尾望都と劇作家・野田秀樹の共同脚本『半神』
を上演いたします。

ジャパントータルエンターテインメントは関西で「スクール事業」「プロダクション事業」「制作事業」を一貫して行う総合エンタメ企業です。
すでに劇場公開映画やケーブルTV、企業ウェブCM、AMラジオ番組など、さまざまなメディアに所属タレントを次々と送り出しています。

この流れのベースにあるのが「演」~en~ という舞台公演プロジェクト。
これは実際に舞台作品を作りながら、演技の基礎や技術を学ぶもので、一般的なレッスンやエチュード、メソッドなどとは違い、短期間に、的確かつ実践的に表現力の上達が可能です。


【作品紹介】
「半神」・萩尾望都/野田秀樹 共同脚本

少女ユージーは、双子の妹ユーシーと腰の辺りで繋がった結合双生児。妹ユーシーは美しい容姿と知的障害を持つ赤ん坊のような少女で、周りから天使のようだと可愛がられたが、姉のユージーは知能は高いものの、妹に栄養のほとんどを吸われて醜く痩せ衰えていた。おまけに離れることのできない妹の世話を両親から任され、自由に動きまわることもままならず勉強だけが楽しみという毎日を送っていた。ユージーにとって妹は、厄介な荷物であり、自身のコンプレックスの象徴であった。

やがて双子は13歳になったが、ユージーの体はくたくたで歩くこともできなくなった。医師より「このままでは二人とも長く生きていられない」「切り離す手術をすれば、君だけは助けることができる」と告げられ、ユージーは手術を快諾する。手術後、回復したユージーは死にかけている妹に面会するが、痩せこけたその姿はまるで自分自身のようだった。

ユージーは16歳の美しい少女に成長したが、ふとしたときに鏡の中の自分があんなに嫌っていた妹の姿に重なり、妹への憎しみと愛情を思い涙を流す。
(Wikipediaより https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%8A%E7%A5%9E_(%E6%BC%AB%E7%94%BB)

【過去公演資料】
https://docs.google.com/presentation/d/1SK-bXRU877WOhWP-SOHJOrPsgbz585_83qthOLBZutA/edit?usp=sharing

【過去作品動画】
『演』~en~Vol,6 「愛情マニア」 インタビュー動画
→https://www.youtube.com/watch?v=bb3oPfCJD6M
『演』~en~ Vol,2 カナリヤBAR インタビュー
→https://www.youtube.com/watch?v=jyAYgI0W-Vg

【『演』~en~ だからこその3つの特長】
2016年より3ヵ月に1回のペースで実施している舞台公演で、業界での即戦力を養うためのスペシャルプログラムです。
2017年は1年間に8回の公演を実施いたしました。

1)レッスン形式ではなく、リハーサル形式の「実践型」演技講座
 ○1回の舞台本番は、100回のレッスンよりも有効です。
2)「見られる」意識を高め、演技の「型」と「技」を習得
 ○ 初心者の演技に有効なのはテクニックです。
3)映画プロデューサーや企業の広報担当者に舞台姿をアピール
 ○観劇後にキャスティング依頼がくる可能性があります。

◎構成/演出
佐藤香聲

舞台演出家・作曲家・映像監督。
パフォーマンス集団「銀幕遊學レプリカント」代表。
アート・プロジェクト集団「鞦韆舘」代表。
在阪の大手広告代理店でのCMプランナー、在阪テレビ局での番組ディレクターを経て、
現代演劇やコンテンポラリーダンスなどのパフォーミング・アーツ作品の演出家・作曲家に。
劇場空間はもとより能舞台、美術館、寺の本堂や境内などでも作品を発表してきた。
1998年からの7年間、文化庁の芸術家派遣プログラムなどにより、
香港、タイペイ、上海、シンガポールなどのアジア各都市をはじめロサンゼルスやパリなど、海外での演劇フェスティバルへの参加、受賞経験も豊富。
また同時期には、園田学園女子大学で「近代演劇史」と「現代パフォーミング・アーツ」の講座を担当。

応募資格 【「演」~en~ に向けての最初の1歩】
こんな方は、ぜひオーディションにご応募ください。

・映画やドラマの出演に興味がある方
 →でも演技の経験が少ない方
 →でも演技に自信のない方

・演技をもっと磨きたい、伸ばしたい方
 →でもその方法がイマイチ分からない方

・俳優やタ?ンサーを目指している!
→て?も演技やタ?ンスの経験か?少ない方

・歌またはタ?ンス、モテ?ルなと?の経験者
→もっと表現力を高めたい方

・これまて?の経験や実績を試したい!
→て?もまだ舞台に立つ機会に恵まれていない方

・これまでの経験や実績を試したい方
 →でもその機会に恵まれていない方

・年齢男女不問
選考方法 ◎オーディション日程
2019年4月3日(水) (予備日4月10日)
4月3日 ①15:00~ ②17:00~ ③19:00~
※4月10日は、3日にオーディション参加が難しい方がいる場合のみ行います。

★オーディション応募締め切り
2019年3月25日(月)23:59まで

◎オーディション会場
藝術工場カナリヤ条約
四ツ橋線「北加賀屋駅」より徒歩5分
大阪市住之江区北加賀屋5丁目5番35号
合格後 ◎『演』~en~vol,17 リハーサル日程(※変更になる場合がございます)

5/11(土)16:00~19:00リハ 19:00~顔合わせ会
5/15(水)19:00~22:00
5/18(土)15:00~18:00、19:00~22:00
5/29(水)19:00~22:00
6/01(土)15:00~18:00、19:00~22:00
6/05(水)19:00~22:00
6/08(土)15:00~18:00、19:00~22:00
6/12(水)19:00~22:00
6/15(土)15:00~18:00、19:00~22:00
6/18(火)19:00~22:00
6/20(木)19:00~22:00
6/22(土)テクリハ 15:00~22:00
6/25(火)19:00~22:00

◎『演』~en~vol,17 本番日程
2019/6/27(木)~6/30(日)
4日間8ステージ予定

◎合格後の待遇
舞台への出演
その他オーディション情報の紹介

◎チケットノルマ
2500円×20枚
26枚目~1枚×1000円のキャッシュバックあり。
備考 ※交通費は自己負担

※稽古は全て劇場で行い、ビデオ録画するので復習に使えます。

お申込みはこちら

他の方はこれらのオーディションも見ています

応募締切:2019年3月25日

開催日

2019年6月27日

費用

交通費は自己負担

会場

藝術工場カナリヤ条約

〒559-0011
大阪府大阪府大阪市住之江区北加賀屋5丁目5番35号

お申込みはこちら

ページトップへ