俳優

更新日:2018.11.30

『ママとホットケーキ』2019年度シネマ作品出演者募集!!


『ママとホットケーキ』2019年度シネマ作品出演者募集!!

概要

【作品概要】

映像シネマ作品。

※テレビ放送あり※専用公式アプリあり

http://mothers-pancake.contentslabo.work


【作品内容】

『ママとホットケーキ』

なぜ?お母さんと言い合いになったのか?どうして素直に感謝の気持ちを伝えられなかったのか…それは思春期であり、それは反抗期だったのかも知れません…でも今なら素直に言える…お母さん、そしてお父さん、そして親友たち…それと愛し合った大事な人…


この番組の企画は、感謝し続けている、日頃それを伝える事の出来なかった人へ、素直な自分の言葉に変えて…誰しもが考える…大好きな人へ


第一章『天国のお母さんへ』
結婚前夜の女子会、水木祥子はマリッジブルーになっていた、それは、今は亡き母親と最後の喧嘩の日が心をよぎる、祥子を幸せにしたい木村芳彦もまた、そんな彼女を心配していた…
走馬燈のように思い出のシンパシー、そして、父から渡された母からの手紙の内容は結婚を楽しみにしていた母の思い…幼き頃の二人の思い出ホットケーキを焼いた事…


第二章『生んでくれてありがとう』

結婚生活をスタートさせた田中誠也と田中純子は、子供を授かる…子供が産まれるその時何も出来ない誠也に母が届けてくれたホットケーキ…そんな場合じゃないとそれを突っぱねる誠也…産まれてきた後、ふと、そのホットケーキを食べながら蘇る母との思い出…


第三章『パパ…お嫁に行ってくるね』

結婚を控えた有森恭子は、家族で最後の団欒をする予定だった…いつもは大きなパパが小さく見えた結婚前、沈黙の中母は二人にホットケーキを焼いてくれた…二人の思い出がシンクロする…二人の出した言葉は…「パパ行ってくるね」「つらい時はいつでも帰ってこい」…


第四章『クリスマスのホットケーキ』

恋人とのクリスマスデートで別れを告げられた榎本美紀は、帰り道で幼き頃の思い出クリスマスに焼いてくれた母のホットケーキを思い出す、その時はイチゴのケーキが食べたく母を困らせた、でも今はそんな母が作ってくれたホットケーキが食べたくなる…


この他作品多数
応募資格 ※同時にボイスドラマも展開、声優・ボイスアクターも募集中


※初心者・未経験者の応募可


女性:16歳~38歳まで

※配役は二次選考の時に芝居で決めます


男性:20歳~36歳まで


※配役は二次選考の時に芝居で決めます

お申込みはこちら

他の方はこれらのオーディションも見ています

応募締切:2018年12月25日

開催日

2018年11月28日

会場

弊社スタジオ

〒165-0027
東京都東京都中野区野方5-28-7
同洋ビル第2 4階

お申込みはこちら

ページトップへ